借金の過払いへの対応

お金を借りれば返済は必ずあります。しかし、その返済するお金に関して、返し過ぎていることもあるのです。どういうことかと言えば、いわゆる過払い金の存在がこれに当たります。かなり宣伝などにも力を入れているため、すでにご存知の方や対応済みの方も多いとは思いますが、その一方でこの過払い金の当事者であるにもかかわらず、お金をまだ受け取っていない方も多くいますので、改めて自分が過払い金を受け取れる人間かどうか調べることをお勧めします。

考えるそもそも過払い金は、これまでに消費者金融やカードローン、キャッシングなど、様々な形でお金を借りた方の場合には当てはまるケースが多いのです。かつての日本にはグレーゾーン金利と呼ばれるものがあり、利息制限法で定められた上限金利と、それよりも金利が高い出資法で定める上限金利がありました。本来、利息制限法の上限金利を超える金利は認められないとなっていたのですが、多くの消費者金融やカード会社などはこの上限を超えて、出資法の上限金利を超えない範囲で金利を決めていたのです。

しかし、このグレーゾーン金利が撤廃となり、結果としてこれまで支払い終わった借金に関しても利息制限法の上限金利を超えて支払った分はあとからでも返済ができるようになったのです。そのため、たとえすでに返済を終えている人であっても過払い金の受け取りが可能な人がいますので、この機会に過去を振り返って、よく考えてみましょう。